針原造園

Blog

流政之さんはヨーロッパ。イサムノグチは日本。Louis Armstrong What a Wonderful World

IMG_20170428_221719.jpg高松の流政之さんのアトリエに便乗して連れて行っていただきました。

とても勉強になり、以前から考えていた石、
陶器を素材にしたオブジェのようなもの
(イメージはあるのですがまだ不確か)
を作りたくなりました。
ミニチュアを一度作ってみると面白いかもしれません。

流さんの作品から感じたものは、
刀剣、地蔵、武士、女性、覚悟でした。

流さんの体験から作品が表現されているものが多く、
女性の表し方でいうと直接的ではなく、曖昧なセクシーさが出ていました。
品のあるエロ親父だからこそ表現できるしっとりとしたセクシーさが出ていました。

ノグチイサムさんから感じたことは、彫刻というよりも建築家というイメージが強かったです。
俯瞰している部分が多いというか。

一日で同時に二人の彫刻家のアトリエで作品に触れることが出来てとても勉強になりました。

少し早めに高松に行って、
高松城の石垣見たりとか、栗林公園いったり
うどん食べて、わかめをトッピングしたり。
麺類が好きなので幸せでした。

石垣をみていたら、ルイアームストロングのワンダフルワールドがなぜか空耳みたいに思い出されました。何か長閑な時間でした。
DSC_0574.JPG

針原造園 本法寺

DSC_0390.JPG針原造園 本法寺

桜が咲く時期がはじまり京都は大勢の人でにぎわっています
円山公園に桜を毎年見に行っているのですが、写真の角度が一番花が多く見られました。

大変お世話になっている本法寺では現在長谷川等伯の涅槃図が公開されています。

普段は複製品を公開しているのですが、
本物は表装までも手書きで書かれているので複製品との違いに毎回驚かされます

4月15日まで公開されていますので、
まだの方は是非!!
IMG_20170407_183758.jpg
お寺に見回りに行った際に子供たちが桜の木の下でタンポポが咲いているのを発見したようで
枯れ枝を使ってタンポポを囲って保護していました。

すごいね!! 咲いてるね!
と話しかけると嬉しそうに微笑んでくれました。
DSC_0200.JPG

千葉のお寺に庭園の育成指導に行ってきました。
高木、中低木含め、
お寺の中の風通し、見通しが良くなって
景色が改善されてきたので、とてもうれしいです。

チェーンソーは音もすごいし、
いつも迫力満点です(笑)

ジャスティンビーバー ロベールクートラス

DSC_0050.JPGジャスティンビーバー ロベールクートラス

2月は色々なことがありました。知り合いの造園家に不幸があり、彼の奥さんから連絡があって、なんだかんだで行くことになり庭づくりをしたり、

知人から息子が家を買ったので、
庭を作ってほしいとご紹介を頂いて

和風?庭園を
施主が枕木に好感をもっておられたので、枕木でスッキリしたアプローチを作り、ハーブを植えて洋風?に作り替えて。独特な緊張感も出てきて良かったです。野菜畑もあり、面白い空間が出来ました。

次も住宅でしたが、自分が信心している宗派の教義にそった庭が欲しいという御施主がいて狭い面積でしたが、狭さを感じさせないために石を立てて意味をこめて庭を作りました。住むところであるのだからこそ、意味をこめた庭が欲しいという御施主の思いでした。

両極端な庭でしたが、集中して出来たので良かったです。雑念がなかった(笑)それぞれ色々な趣向があって面白いですね。

大山崎山荘美術館のロベールクートラス展を見に行ってきました。

作品をみてどう楽しむかは人の自由ですが、見る人の能力によって見え方も変わってくるかもしれません。

直感を具体的に言葉にするのは、慣れていないと難しいですが大切なことかもしれません。

最近相変わらずジャスティンビーバーを聴いています。やはり歌うまい!岩崎宏美もやはり歌うまい!
DSC_0048.JPG